TOPTRPG リプレイ TOP

TRPG色々話 vol.10 コラム:神


久々のTRPGネタは外伝です。
今迄「ヴァンパイア」「エルフ」と語ってきて今度は「神」です。
関連性全く無いですなぁ、、、

はい。
「神」が出てくるRPGは大体ファンタジーのモノが中心だと思われます

あまりSFや現代物、ホラーでは私は聞いた事が無いです。

多くのファンタジーRPGでは多神教を扱ってる、と思われます。
あまり一神教のは聞いた覚えが無い。
基本を中世北欧をイメージしてる事、「神」とは言うものの日本と同じ
くシャーマニズム的崇拝をイメージしての事と思われる。

この理由は、そのキャラの特性を出す一つの手段だから、ですかね。

例えば、シーフキャラは金銭やギャンブルの神を信仰してたり、と言う
キャラに合わせた神を選ぶとか、逆に戦の神を信仰する戦士キャラを作
成するとモンスターを見ると好戦的である、と言う感じにキャラを演じ
易い訳です。

そんなキャラ毎に信仰の違う神がいたとしてどうなのか?と言うとです
が、まず第一にゲームによるがその神の御加護が受けられます。

一番分かりやすいのはプリーストでしょう。何せ神の加護の元に奇跡を
起こせるのだから。

信心する事によりより強い回復などの奇跡を起こす事も可能なのです。
まぁ、ゲームマスターの判断による所が大きいけど。

他の職業でもこんなのは適用出来て、例えば先に述べたシーフの場合、
ギャンブルの神の加護の元、イカサマが可能だったり、もしくはその
イカサマの成功率を上げれたりとか、と言う感じにね。
これももちろんマスターの判断による。

後、神にまつわる事と言えば対立する神々の関係とかでしょうか。
ローフルvsカオスが一番有名かな?

生産と破壊、規律と渾沌、とでも言うのかな?良く分からんが(汗)

これらは良く教会や使徒によるにらみ合いが良くあるのだが、でもこれ
って内状を知らない下々の者が行う事だったりするらしい。

教会最上部の人間は、各々により世界のバランスは保たれていると認知
しているのでお互いの存在は必要不可欠である、と分かりあっているの
である。

おいおい、下の者達にもそこらきちんと教育しときなさいって事じゃな
いのか?とモノの本で知った時に思いましたよ。

ま、神と言うか宗教の勢力図はシナリオに動きをもたらす為のモノって
事ですわな。

絶対、1つの神が無くなる事はありえないのです。
A国から見ればB国の神は悪魔同然と言う事とかあってもね。

後は何だろうなぁ?
あ、デミヒューマン(亜人種)にも神はいます。

エルフの神、ドワーフの神と言った感じで。
これらの神は人間が信仰する事はありません、と言うかそんな神が存在
すると聞いた噂がある程度のモノなので信仰対象にはなり得ないのでし
ょう。

ゲームによってはエルフの神とか特有の神は無く、人間界と共通の森の
神を進行してる場合もあるんでしょうが。

大体、ゲームにおける神と言うのはこんな感じでしょう。

シナリオによっては神自身が現れるのもあるでしょうが、基本的に対象
物なだけで姿を現すとこは滅多と無いのは普通でしょう。

聖書ですら天使は姿を出しても神は出て来ないのだから。

最後に。
これはあくまで私自身の今迄の色んな体験による考えによるものです。
これが絶対ではありませんので。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO