TOPTRPG リプレイ TOP

【アリアンロッド「七色洗隊!!?編」その32】


年明け早々(でもない?)3連休かよ!
と言うわけで(関係ないか)早い展開でプレイ再開です。

【前回のあらすじ】==========
敵の本拠地みたいなところへ潜入した我ら七色洗隊なにぃ!!?レンジャー。
いきなりボスクラスの敵3体と闘う羽目になり即効壊滅状態に陥りながらもなんとか突き進み、赤と青の扉を発見。
青い扉を開けると能力制限を受けながらも敵と戦ったのであるが、プレイヤーがもたずこの場で休止したのであった。
==================

と言うわけで扉だけでなく部屋まで青い場所からのスタート、しかも能力値などは回復していません。
んで、また赤と青の扉があり青の部屋の方へと進む。

なぜかと言うと青い方で能力値制限を受けるというペナルティがあるんなら、赤の方でもなにかしらのペナルティがあると思うのが普通。
ただでさえペナルティ受けてるのにこれ以上受けたくないしね。
赤の方入って青の効果が消える保障もないし。
つー事で5回続く赤と青の扉は常に青の方に進んで行きました。

とりあえず便宜上、「青部屋その2」とされた部屋に入るとモンスターが1体いた。
そこの敵は特に問題なく撃破。

次の青部屋その3は全体的に暗い部屋だったがそれは黒い霧状?のモンスター(×2)がいたせいだった。
そのせいで更に能力値制限を受けながらの戦闘に。
しかも霧状なだけあって通常物理攻撃は効かないようでネイトの呪文攻撃とヒューマの魔法の弓矢攻撃で倒していくこととなったのです。

青部屋その4ではアンデットモンスターが2体。

確かここらあたりから、いやその前の部屋からか?
ネイトが時々、黒人のおっさんにすり替わっていたんだっけ?
まぁ、意味は分からないと思うけど、本編とは全く関わりないプレイヤーの暴走?なので気にしないでよろしい。

青部屋その5、とうとう最後の部屋か、と中に入るとナイト系モンスターとオーガチャンピオンが各1体待ち構えていた。
能力制限により防御や回避性能が下がっているため、オーガチャンピオンの持つ防御無視攻撃の痛い事。
ヒューマがここいらからダメージ軽減呪文と体力回復呪文しか唱えなくなった。

どうにか倒した先には赤の扉と木の扉がありました。
これは当然、木の扉ってんで出てみると大きな中央広場になっていた。

その中には中央部に大きな機械が設置されており、魔族のナイト?が1体、キャタピラのある機械ゴーレムが4体待ち構えており、さらがら最終決戦な戦闘に。
ホークは自分の行動ターンと引き換えに近くの仲間のダメージを肩代わりする事が出来たが、敵が広範囲攻撃してくるとカバーしきれなくなったりも。

基本的戦術としてはネイトは攻撃呪文、ヒューマはダメージ軽減&体力回復、ホークは仲間をかばう、ぴょん太は残ったスキルを駆使し攻撃や回避などを行っていました。
どの敵も一癖も二癖もあってほんと大変でした。
特に魔族ナイトの一撃の大きさと言ったら一発で死ねるほどですよ?

しかし本当に大変だったのはその部屋の中央にあった巨大な機械であろう。
半壊状態ではあったがかなりの攻撃力と多彩な特殊攻撃を持っていたのである!

ホークが死んでアイテムで生き返ったのはここではなく前の戦闘であったか?
そのプレイヤーが死んだのは(笑)ここでなくこの戦闘後だったか?

ほんともー、体力もMPもかっつんかつん、これ以上戦闘があったら確実に全滅する状態だったが、どーにかこれで打ち止め。
やれやれ。

持っていた地図によるとこの機械の下に地下室があるもよう。
気をつけながら入ってみると中にはなななんと!?

爺さん、女児2名、女妖魔が室内にいたのである。
爺さんはマーティンであろうか?女児はさらわれていたシェリーとドロシー、女妖魔は傷ついたレーネだった。

この状態についてレーネにたずねてみたが言葉が耳に届かなかったようで転送石を使いいずこへと消え去ってしまった。

まずはこの爺さんがマーティンか調べるためたずねてみると逆にお前らは誰だ?と切り替えされた。
ネイト「お前こそ…」←同時→ヒューマ「七色戦隊…」

楽屋タイムと言う閑話が導入された!
その後、ぴゅん太も楽屋タイム入りしたが単なるパーティ内での先輩による後輩いじめだったり?

ともかくマーティンの言うには彼をさらったアイザックの欲している死人復活の技法(これは単なる死亡復帰なのかアンデット化みたいなのか詳細は不明)を成功させるまではここから出られないとの事。
しかしそれは形の上の話でマーティンが真に研究していた不老不死の成果を持つ実験体は完成しているらしい。
けれどそれは覚醒させるのは危険なのでその作用を消し去る新たな研究を隠れて行っているため今は一緒に脱出できないとの事。
呪文攻撃などで消し去る事も考えたが、衝撃を与える事でも覚醒してしまう恐れもある事から下手に手出しも出来ず、泣く泣くマーティンに手紙を書いてもらいそれをマーティン奪回の依頼者であるメイド部隊の長に手渡す事に。

この場所にワープ地点を設置し(どうもこの場には呪文フィールドがあり今度戻ってくることは不可らしい。って書かなければマスター忘れてたか?)、メイド部隊の拠点へと戻るとな、なんと!?
拠点が陥落していたのである!?
一体全体何があったのだ!?そしてこの場にいたメイド部隊はどこへ!?

トゥー・ビー・コンティニュー!

今回の覚え書き。
・ボビー(・オロゴン)とビリー(・ブリンクス?ブロンクス?)は似てる。色が。
・ホークの中の人の寝落ちを予測して展開させる。←誰が?
・楽屋裏の存在。
・ネイトの中身は多重人格。黒人が第2人格っぽい。
・マーティンはサマンサ(ヒューマの母)の事を知ってるっぽいがその事には気付けなかった。
・ヒューマと母との再会時にはアゴ出た司会者が登場?「お母さん…見つかりました」
・「セットアップ」は仮面ライダーX、空を飛ぶのはスカイライダー、拳法使いはスーパー1。
・次回は最初からクライマックスだぜ!

終わり。


つづく>

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO